今日のひと仕事

日本初 ナナビーンズ!耐震改修補助金交付事業 ついに完工!!

仕事のこと」 2015.03.09.(月)
さて、思い起こせば一昨年前に着工した工事が、このたびようやく完成しました。さて、この工事、実は日本で初めて行われた工事なわけで・・・山形県で日本初・・・なじみがない・・・ 日本初・・・ なにが・・・ それは・・・ 災害に強い国土・地域の構築に向けた建築物の耐震化を推進するため、平成25年度通常国会において「建築物の耐震改修の促進に関する法律」が改正され、一定の建築物等に対し、耐震診断が義務付けられることになりました。対象構築物は、耐震診断を受け、基準値を満たしているのか、そうではないのかの診断を受けなければなりません。耐震基準を満たしていないとの判断が出た場合には耐震改修工事を行わなければならないわけですが、現在の法律では診断をするところまでが義務付けとなっているわけです。その為、基準値は満たしていないと判断されたが工事の着工を行っていないというのが、国の現状なわけです。基準地以下の建物を改修施工の際には、色々と高いハードルはあるのですが、国で補助金を交付しますといったところまで決められているのですが。 それを、山形市中心部にある旧松坂屋を取得し不動産賃貸業を行っているオーナーが、耐震診断に満たないと判断されたことにより、耐震施工工事及びその法律で定められている補助金の申請を行い、交付といったことがこのたび日本で初めて行われたわけです、この山形県で。 1 補助金申請・交付  基準値未満の建物の耐震改修工事が日本で初 2 建物を二分割に分断し耐震性を高めるといった設計、施工が日本で初 こんなことがこの山形県で行われていたわけです。約二年間もかけて。施工中は、各関係省庁、大臣官房審議官、東北地方整備局、山形県・市関係各所の方が見学に訪れていただき、大変興味を持たれ現場をみていかれました。特に当社で施工させていただいた部分は、この工事の一番重要かつ危険が多いところで、今までの経験をフルに生かし、日々論議し施工しました。山形市中心部とのこともあり近隣には細心の注意を払い、無事クレーム無く完工できました。ホテルの増床工事、各テナントの移動工事も全て完了しフルオープンしています。東西に強弱がある建物が地震で揺れた際に、真ん中に「ねじれ」が生じる部分を屋上から1Fまで分断したこの建物、下からみると迫力があるものです。設計事務所の先生の意向で、「切った面をそのままお見せしましょう」とのことで本当に山形市中心部の名物になりそうです。こんな、日本で初めての工事が、この山形県で行われた訳であって、そんな仕事に携わらせていただいたことに、ただただ感謝。是非、中心部に行かれた際には、見てみて下さいね! オーナー様 ナナビーンズ関係者様  設計事務所の先生  工事関係協力会社の皆様  本当にご苦労様でした。 ご安全に!!

お問い合わせ・お見積りのご依頼

023-687-1550
お問い合わせフォームへ
今日のひと仕事
  • 会社概要
  • アクセス
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
ページトップ